第二種奨学金を完済した

繰り上げ返済も活用しながら、ちょこちょこ返していた大学院時代の第二種奨学金がついにこの3月で返還完了した。

10年弱で第二種奨学金(利子付き)の返還完了

高専専攻科の分を完済したのが2020年の7月だったので、実にあれから3年半、大学院を修了してからは11年がかかった計算になる。

treby.hatenablog.com

ちなみに参照先の記事にある高専本科の奨学金(福岡市教育振興会)は2022年1月に返済完了したので、残っている奨学金はあと一つ、大学院で借りていた第一種奨学金のみとなった。

こちらは利子がつかないものになるので、焦らず返していこうと考えている*1。とはいえ、学生の時分の負債であることを考えると、自分自身へのけじめとして何やかんや早めに返しそうな気もする。

合理的に考えれば、高確率で繰り上げ返済に充てるより運用に回した方が長期的に得であるが、もはや気持ちの問題である*2

奨学金を借りる決断をした当時は、お金のことを知らないなりに学と時間への先行投資として自分自身を納得させたものだったが、改めて今ふりかえって、回収できているだろうか。

返還完了証

追記(2024/06/10)

繰上げした分の返戻金があるとの通知がきた。ちょっと得した気分に。

*1:繰り上げを使わず素直に返していけば、あと10年くらいらしい。今がちょうど折り返し。

*2:実際、第二種奨学金の利率ですらインデックス投資の平均パフォーマンスの足元にも及ばない水準だった